深海魚の生態/謎多き深海と深海生物の情報まとめサイト

深海魚の分布

海は広くとてつもなく深いです。今回はそんな海に生息する深海魚の分布についてのお話です。

 

深海生物の分布について

深海には光合成や化学合成を行うような基礎生産者が存在しません。基礎生産というのは植物などが光合成などで有機物を生産することです。

 

その基礎生産者がいないため深海生物がエネルギー源としているのは浅海や陸地の生物の遺骸や排泄物です。

 

その性質上、陸に近いほうが、エネルギー源がたくさん確保できますから、深海魚というのは陸地に近いほど多く、外洋にいくほど少なくなります。

 

外洋の中でも対流が起きない熱帯域はとくに表層に住む生物が少ないので、海の上も下も荒涼としてしまいます。

 

底生性深海魚の分布は海底の地形により大きく左右されます。それに対し遊泳性深海魚は地形に左右されずに広い地域に分布しています。

 

深海の垂直方向の区分について

海を垂直方向にとらえて深海を区分したら以下になります。

 

■中深層(200〜1000m)

 

■漸深層(1000〜3000m)

 

■深海層(3000〜6000m)

 

■超深海層(6000m以深)

 

中間層まではわずかながら日光の光が届きますが、漸深層からは全く光の届かない暗黒の世界になっています。

 

ここまでくると生物が利用可能な有機物は、表層のわずか5%程度になり深海層、超深海層と深くなればなるだけその数は少なくなっていきます。

 

深海層ともなれば水温もわずか1,2℃程度になります。ただし温度変化はほとんどなく安定を保っています。

 

超深海までくると水圧は600気圧にも及びます。このすさまじい水圧の中生存可能な生物は一部の底生魚のみです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

種類
深海魚には底生性深海魚と遊泳性深海魚がいます。それぞれどのような特性を持った深海魚なのでしょうか。
進化
魚類が深海へと進出したのはいつなのか。深海魚の進化の過程というのは実はまだ謎が多いんです。
骨格や筋肉
深海とう過酷な環境にすむ深海魚達。とくに遊泳性深海魚に関しては超高水圧下でどうやって浮いたり泳いだりしているのか気になりますよね。
消化器官
浅海や陸上のようにあ栄養源溢れる食べ物が豊富にない深海では、深海魚は独自のエネルギー貯蓄機能を備えなければなりません。
繁殖
深海魚という謎だらけの生物は一体どのようにして生まれるのでしょうか。今回は深海魚と繁殖についてのお話です。
食性・食べ物
深海魚が何を食べて生きているのか。今回は深海魚および深海生物の食性についてのお話です。
狩り
深海魚でも魚食性のものは獲物を捕えなければなりません。すなわち狩りですね。同じ狩りでもやり方は様々なようです。
眼球
深海というのは推進が2000m以深となると太陽の光が全く届かない暗黒の世界となっています。そんな世界で行動する為に彼らの眼球はどう適応しているのでしょうか。
深海魚が発光する意味
深海魚のほとんどは発光機能を備えています。でも一体何のために?と説明を求められたら中々一言では説明しづらく、彼らの発光には色々な意味合いがあります。
深海魚が発光する原理
深海魚といえばなんか光る、というイメージが強いですよね。それがまた未知の生物というイメージをいっそう強くしていると思います。今回は深海魚が発光するメカニズムについてのお話です。
食用の深海魚一覧
深海魚も食用にされるものって多いんですよ。私たちの生活圏からはるかに離れたところに暮らしてるので想像し難いかもしれませんが。