深海魚の生態/謎多き深海と深海生物の情報まとめサイト

深海魚の食性

深海魚が何を食べて生きているのか。今回は深海魚および深海生物の食性についてのお話です。

 

深海魚って何を食べるの?

そもそも深海魚の捕食の様子というのを捉えるのって物凄く難しいんです。

 

深海魚って個体数の割に、密度が低いから捕食するものとされるものが出会う機会というのが凄く少ないんです。

 

だから深海魚の食べているものっていうのは胃のなかの内容物を調べたり、身体構造から推測することが多いんですね。

 

うーむこういうところはまるで化石のようですね。

 

・・・とはいえこれもうまくいくことが少なくて、引き上げたはいいものの水圧の急激な変化で胃の中のもの全部吐いてたり、そもそも餌をとる機会が少ないので胃が空っぽだったりすることが多いのです。

 

深海魚の食性の推測

上記の理由で深海魚の食性というのは、直接的には断定しずらいですが、胃の中に生物がいなくても、それ以外の堆積物から食性を探ることは可能です。

 

胃の中から砂が見つかればその深海魚は底生性生物を捕食している可能性が高いし、逆に全くなければそれ以外を捕食している可能性が高いということになりますね。

 

プランクトンを食べる深海魚

小型の遊泳性深海魚はオキアミのような動物プランクトンを捕食することが多いです。(リュウグウノツカイみたいな5,6mあってプランクトン主食のものもいますが)

 

クラゲはあまり食べられない?

深海魚の食性

深海にかなり多くいるクラゲですが、彼らはあまり捕食対象にはならないといいます。ゼラチン質の生物は栄養価が低いから不人気なのかな。あとクラゲは毒があるので避けられてる可能性も高いです。クラゲとか食べる深海魚も一部確認されていますが、そういった生物の食道や口の中は厚い結合組織で硬く守られているみたいです。単にすぐに消化されるから胃に残らないだけという説もあります。

 

 

 

「腐肉食性」とは?〜遺骸は重要な栄養源〜

海底に沈んだ大型生物の遺骸というのは深海生物にとって貴重な栄養源となります。とくにコンゴウアナゴみたいな遺骸しか食べないような生物の食性を「腐肉食性」といいます。

 

こうした腐肉食性の生物というのは、いつ食べ物にありつけるかわからないので、普段は滅多にエネルギーを使いません。ほとんど動かず、流れに身を任せています。

 

なんとも我々人間には到底真似できない生き方な気がしますよね。

 

また遺骸を直接食べることをしなくても、遺骸に集まってくる生物を狙うものもいます。

 

日周鉛直移動について〜深海魚が餌を求めて浅海へ?〜

日周鉛直移動というのは日中深海にすむ生物が、夜になると餌目的で浅海に移動する行動のことを指しています。

 

主に深海の中深層にいる遊泳性深海魚に見られる特徴ですね。ハダカイワシなんかが日周鉛直移動を行う魚として代表的です。

 

深海魚の多くが浮き袋があまり発達していませんが、この日周鉛直移動を行う深海魚に関しては割かし発達しています。ただ水圧が急激に変わるため浮き袋にガスの代わりに脂肪を内蔵しているタイプもいます。

<スポンサーリンク>

関連ページ

種類
深海魚には底生性深海魚と遊泳性深海魚がいます。それぞれどのような特性を持った深海魚なのでしょうか。
進化
魚類が深海へと進出したのはいつなのか。深海魚の進化の過程というのは実はまだ謎が多いんです。
分布
海は広くとてつもなく深いです。今回はそんな海に生息する深海魚の分布についてのお話です。
骨格や筋肉
深海とう過酷な環境にすむ深海魚達。とくに遊泳性深海魚に関しては超高水圧下でどうやって浮いたり泳いだりしているのか気になりますよね。
消化器官
浅海や陸上のようにあ栄養源溢れる食べ物が豊富にない深海では、深海魚は独自のエネルギー貯蓄機能を備えなければなりません。
繁殖
深海魚という謎だらけの生物は一体どのようにして生まれるのでしょうか。今回は深海魚と繁殖についてのお話です。
狩り
深海魚でも魚食性のものは獲物を捕えなければなりません。すなわち狩りですね。同じ狩りでもやり方は様々なようです。
眼球
深海というのは推進が2000m以深となると太陽の光が全く届かない暗黒の世界となっています。そんな世界で行動する為に彼らの眼球はどう適応しているのでしょうか。
深海魚が発光する意味
深海魚のほとんどは発光機能を備えています。でも一体何のために?と説明を求められたら中々一言では説明しづらく、彼らの発光には色々な意味合いがあります。
深海魚が発光する原理
深海魚といえばなんか光る、というイメージが強いですよね。それがまた未知の生物というイメージをいっそう強くしていると思います。今回は深海魚が発光するメカニズムについてのお話です。
食用の深海魚一覧
深海魚も食用にされるものって多いんですよ。私たちの生活圏からはるかに離れたところに暮らしてるので想像し難いかもしれませんが。