深海魚の生態/謎多き深海と深海生物の情報まとめサイト

深海魚が発光する原理

深海魚といえばなんか光る、というイメージが強いですよね。それがまた未知の生物というイメージをいっそう強くしていると思います。今回は深海魚が発光するメカニズムについてのお話です。

どうして発光するの?

多くの深海生物は発光能力を備えています。この発光はルシフェリンという発光素とルシフェラーゼという発光酵素が科学反応を起こすことにより起こる現象です。

 

この発光には種類があり、発光バクテリアを体内で飼うことにより起こる「共生発光」。自分自身で発光素を生成する「自力発光」があります。

 

共生発光とは

チョウチンアンコウや一部の底生性魚類がもつ発光メカニズムです。ソコダラ科やチゴダラ科、ニギス目の一部は消化器官に大量の発光バクテリアを住まわせています。チョウチンアンコウの提灯部分の発光バクテリアがどこから供給されているのかはまだ不明だそうです。

 

自力発光とは

ほとんどの深海魚がもつ発光システムです。自家製のルシフェリン(発光素)を使って発光を行います。発光器の数は膨大で数百とも数千ともいわれます。発光の強さや照射する方向、色の調整なんかは、発光器の開口部にあるレンズやフィルター代わりの器官で行っているそうです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

種類
深海魚には底生性深海魚と遊泳性深海魚がいます。それぞれどのような特性を持った深海魚なのでしょうか。
進化
魚類が深海へと進出したのはいつなのか。深海魚の進化の過程というのは実はまだ謎が多いんです。
分布
海は広くとてつもなく深いです。今回はそんな海に生息する深海魚の分布についてのお話です。
骨格や筋肉
深海とう過酷な環境にすむ深海魚達。とくに遊泳性深海魚に関しては超高水圧下でどうやって浮いたり泳いだりしているのか気になりますよね。
消化器官
浅海や陸上のようにあ栄養源溢れる食べ物が豊富にない深海では、深海魚は独自のエネルギー貯蓄機能を備えなければなりません。
繁殖
深海魚という謎だらけの生物は一体どのようにして生まれるのでしょうか。今回は深海魚と繁殖についてのお話です。
食性・食べ物
深海魚が何を食べて生きているのか。今回は深海魚および深海生物の食性についてのお話です。
狩り
深海魚でも魚食性のものは獲物を捕えなければなりません。すなわち狩りですね。同じ狩りでもやり方は様々なようです。
眼球
深海というのは推進が2000m以深となると太陽の光が全く届かない暗黒の世界となっています。そんな世界で行動する為に彼らの眼球はどう適応しているのでしょうか。
深海魚が発光する意味
深海魚のほとんどは発光機能を備えています。でも一体何のために?と説明を求められたら中々一言では説明しづらく、彼らの発光には色々な意味合いがあります。
食用の深海魚一覧
深海魚も食用にされるものって多いんですよ。私たちの生活圏からはるかに離れたところに暮らしてるので想像し難いかもしれませんが。