サメの嗅覚ってどのくらいの距離の血のにおいをかぎ分けられるの?

サメの嗅覚|超遠距離の血のにおいをかぎ分ける

サメは血のにおいをかぎつけて襲ってくるという話はよく聞きますよね。あれは映画の中だけの話ですが、サメの感覚器官は捨てたものじゃありません。

 

血のにおいはちゃんと嗅ぎ分けられます

 

サメのイメージは1q敵の血のにおいでも嗅ぎ分けると言われます。このうわさを信じて生理中は海に入るべきではない人もいますが、そんな超すごい能力はありません。実際にサメやエイ、他の魚も比べてみたところ、有意な差を見られなかったそうです。しかし、血のにおいをかぎ分けることや動物の位置は把握できるそうです。
よって、サメが人間を見つける時はまず目で発見するだろうと言われています。仮にそこまで嗅覚が敏感だとしたら獲物を取り損ねることが増えそうですね。

 

嗅覚だけじゃない、サメの凄い感覚器官

 

サメは深海でも獲物をとるので目がそれなりによく、暗いところでも見分けられます。逆に水族館にいる鮫は色の識別能力が高くなります。次に味覚、サメは食べ物の味を感じることができます。美味しいかまずいかは別としてエサとして適していることは分かりそうとのこと。脂肪分の多い獲物を好むので人間はあまり好きではなくアザラシが大好きです。
そのため、噛まれることはあっても食べられることはごく稀です。
そして、サメ特有の期間と言えばなんといってもロレンチーニ器官。微量な電流・時期を感じることで獲物を感知するほか方向感覚も修正できるかもしれません。

 

 

このように、サメは遠くの獲物まで完治できませんが、近くを通った獲物には正確に反応することができます。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

サメの生態
あまりに有名だけど意外にその生態の知られない動物「サメ」。今回はサメの基本情報や意外な生態雑学を紹介します
哺乳類?魚類?サメは何類なのか?
魚というには大きめで肉厚なサメですが、サメは他の魚と同じ魚類なのでしょうか?それともクジラやイルカのように哺乳類なのでしょうか?
サメの呼吸方法
魚は泳がないと死ぬとよく言われますが静止しても活きられる種類はいます。同様にサメにも止まった状態で呼吸が可能なものもいるのです
実は視力が良かった。サメの目に隠された能力とは?
遠くの血のにおいをかぎ分けると言われるサメは、その分視力が悪いと言われることもあります。実際のところ、サメの視力はどうなっているのでしょうか?
サメの最大全長はどのくらい?
人間にとっての恐怖の対象であるサメですが、最も大きいものはどのくらいあるのでしょうか?今回は世界有数の大きなサメの最大前兆を紹介します
サメの歯の種類と特徴
鋭くギザギザになった歯。サメに咬まれたら腕や足がちぎられてしまうのもうなずけます。しかし、貴方がイメージしている以外にもサメの歯にはバリエーションがあること、ご存知ですか?
サメの産卵と卵胎生
基本的には魚は卵生、哺乳類は胎生ですが、サメの一部には卵胎生というユニークな子供の産み方をする種類がいます
サメの背びれはどんな役割?
魚のひれは合ってもなくてもよさそうに見えますね。特に、サメのひれは他の魚以上によく発達しています。どんな役割があるのでしょうか
ゴルフ場にも出没!?サメって淡水に適応できるの?
普段は海に住んでいるサメですが、その一部は淡水域でも適応できるので川や湖でも見かけることがあります。時にはゴルフ場でも見かけるようです。
サメの赤ちゃんが共食いする?シロワニの奇妙な生存戦略
自然界では意外と珍しくない共食い、サメでも行われるのですが、一部は生まれてくる前に共食いをする習性があるのです。
サメの速度は速い?遅い?
ジョーズのようにゆっくり迫ってくるサメ、ディープブルーのようにびゅんびゅん動き回るサメ。フィクションではそれぞれ違う描写がなされていますが、実際のところサメはどのくらいの速度で泳ぐのでしょうか?
サメの骨格についての意外な特徴
あなたは、サメの骨格を見たことがありますか?あの怖い見た目と裏腹にその中身はむしろ貧弱、軟骨魚類という名前が既に弱そうです
ホオジロザメの生息地
サメ、怖いですよね。おそらくあなたのイメージにあるのはホホジロザメだと思います。ジョーズにも出てくるこのサメは日本にも生息しているようです
最強海獣シャチvs最強魚ホホジロザメ!比較してどっちが強い?
怖い魚の代名詞であるホホジロザメ、海のギャングという異名を持つシャチ。今回はこの二種類の生物を比較します。
深海に棲むサメの種類
サメのイメージや生息情報を見ると、海の中をすいすい泳いでいるイメージがあります。さらに、一部のサメは深海で暮らしています
危険なサメの種類
サメの性格は、見た目とは裏腹に穏やかで、しかも人間を好んで襲うことはありません。しかし、近づくと危険なサメはいるので気をつけましょう。
古代のサメはどんなサメ?
サメは古代からいた動物ですが、実はもともとは硬骨魚類だったものが生活に合わせて骨が柔らかくなった歴史を持ちます。実はそれ以外にも絶滅した興味深い鮫がいます。
エイとサメの違い
サメはクジラやイルカのような体をしていますが、魚類です。でも、他の魚に比べれば見た目が違います。サメは何の仲間なのでしょうか?