深海魚の生態/謎多き深海と深海生物の情報まとめサイト

デメニギスの生態

デメニギスは主に太平洋北部の亜寒帯海域に生息する深海魚です。

 

生態・形態

デメニギスは水深400〜800mの深海に生息する遊泳性深海魚です。太平洋北部の亜寒帯海域に分布しています。

 

頭部が透明で中が透けて見えるという特徴的な外観は不気味とも神秘的とも感じますね。深海のわずかな太陽光をとらえるために眼も特異化しており、頭内部にある管状の眼は真上に向けられるようになっています。

 

深海といえどわずかに太陽の光は届くので、頭上にいる魚のシルエットを捉えることができるのです。

 

▼とても不思議な生物です▼

 

狩りの仕方

特徴的な眼で子魚やクラゲといった獲物を見つけたら管状眼を獲物の方向に定め、一直線に向かっていきます。ハイエナのように他の深海魚が捕えた獲物を横取りする習性もあるのだとか。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ダイオウイカ
ダイオウイカは深海生物の中では有名すぎるくらい有名な一種ですよね。今回はダイオウイカの生態について解説していきます。
ヒトガタ
謎が多すぎる深海ですから何がいてもおかしくないですが、さすがにこれは本当かよって思ってしまいますよね。
リュウグウノツカイ
リュウグウノツカイは深海に生息する魚類の一種です。知名度は高いですが、その生態はどのようになっているのでしょうか。
チョウチンアンコウ
深海魚のイメージキャラクター的なチョウチンアンコウですが、その生態は一体どんなものなのでしょうか。
シーラカンス
「生きた化石」といわれているシーラカンス。深海に生息し古生代からほとんど姿を変えない彼らはどのような歴史を歩み、そしてどういった生態をしているのでしょうか。