深海魚の生態/謎多き深海と深海生物の情報まとめサイト

シーラカンスの生態

「生きた化石」といわれているシーラカンス。深海に生息し古生代からほとんど姿を変えない彼らはどのような歴史を歩み、そしてどういった生態をしているのでしょうか。

 

シーラカンスの歴史

シーラカンスはほとんど現生種と姿が変わらない形で化石が発見されていて、古生代デボン期に出現し、様々な水域に幅を利かせていました。

 

約6500万年前の大量絶滅を期に絶滅したと長らく考えられていましたが、1938年に現生種のシーラカンスが発見されて大騒ぎになりました。

 

シーラカンスの生態

現在シーラカンスというのは深海魚というイメージが強いですが、中生代と古生代に存在していた種というのは世界中の浅海や淡水にも生息していたといわれています。

 

大きさも形も様々なものがいて、扁平なもの、丸っこいモノ、3mもある巨大なものなどバラエティに富んでいました。

 

シーラカンスの繁殖に関しては謎が多いです。とりあえず現生種の調査から卵胎生であることは発覚しましたが、交尾の仕方についてはまだ謎なんだそうです。

<スポンサーリンク>

関連ページ

ダイオウイカ
ダイオウイカは深海生物の中では有名すぎるくらい有名な一種ですよね。今回はダイオウイカの生態について解説していきます。
ヒトガタ
謎が多すぎる深海ですから何がいてもおかしくないですが、さすがにこれは本当かよって思ってしまいますよね。
リュウグウノツカイ
リュウグウノツカイは深海に生息する魚類の一種です。知名度は高いですが、その生態はどのようになっているのでしょうか。
チョウチンアンコウ
深海魚のイメージキャラクター的なチョウチンアンコウですが、その生態は一体どんなものなのでしょうか。
デメニギス
デメニギスは主に太平洋北部の亜寒帯海域に生息する深海魚です。