深海に太陽光は届くの?

深海といえば人間の眼では数m先も視認できないほど暗黒の世界が広がっています。そんな世界でどうやって深海魚達は行動しているのでしょうか。

 

 

深海って太陽の光が届くの?

深海と言うのは基本光が届かない暗黒の世界なのですが、上部漸深層くらいまではかろうじて太陽の光は届きます。

 

全くの暗闇だと生物の眼は退化していきますが、深海生物はこうした光をとらえることができるように最適化されています。眼がめっちゃ大きいのとかが適応した結果でしょう。

 

人の眼だったらほぼ暗黒と呼んで指し障りない程度の光でも、深海魚は知覚することができるんですね。

 

また魚類が頼るのは視覚だけでなく、嗅覚や反響音もフル活用します。よって視覚がある程度制限されていても狩りや移動を行うことができるんですね。

 

深海魚のステルス技術「カウンターイルミネーション」について

なのでこの深海1000m付近にいる魚というのは、上から降り注ぐ太陽の光で下から見上げるとシルエットが浮かび上がります。眼が発達している魚からは発見されてしまいますね。

 

そこでこの層の深海魚が使う巧みなテクニックがカウンターイルミネーションです。腹部にある発光器によって腹部を発光させ、うえから降り注ぐ太陽の光量と同レベルに調節するのです。そうしたらシルエットが消えてくれます。なんとも優れたステルス機能ですよね。

 

深海魚のほとんどはこうした発光機能を搭載しており、こうしたカモフラージュの他にも獲物の誘導や視界の確保などなんらかの形で活用しています。

<スポンサーリンク>