深海生物研究の歴史

深海生物研究の歴史

深海生物の研究のために人類がたどってきた歴史を簡単に紹介しています。

 

1800年代 昔は深海無生物説があった

そもそも深海生物というのはその存在そのものが疑わしく思われていました。あまりにも過酷な環境なので調査自体が難しく、観察や研究ができなかったからです。

 

そのうちイギリスの研究者の中には深海に生物は存在しないとする「深海無生物説」を提唱する人も現れました。

 

最もこの説というのは海底ケーブルを用いた調査で深海に生物が存在することは証明されたのですぐに否定されることになりました。

 

そしてその後のイギリスのチャレンジャー号の世界一周探検航海により深海魚の存在が決定的になり、各国が深海研究に乗り出しました。

 

1900年代初期 深海探査技術の開発

その過酷な環境から人間が潜水により、深海を調査することが不可能です。その為深海探査艇の開発が1900年以降すすみました。

 

1928年にバチスウィアという潜水球が開発され海上からつり降ろされながらの形での深海探査は可能になりました。この潜水球は動力こそないものの深度923mまでの潜水が可能だったそうです。

 

1900年代中期 深海探査船「バチスカーフ」の開発

1948年には宇宙と深海の研究に携わった物理学者オーギュスト・ピカールによって潜水装置「バチスカーフ」が開発されました。

 

バチスカーフの貢献により深海生物の生態観察がかなりのレベルまでできるようになりました。

 

1900年代後期 深海魚の捕獲技術の獲得

身体魚の生態を観察できるようになった次の段階としては、深海魚のもつ低水温や高水圧への適応力を解析することでした。

 

ですが深海魚の生け捕りというのは極めて困難です。引き上げることにより急激な減圧と水温の上昇がおこるので、多くの場合それが致命的になります。

 

1970年に冷却装置、1978年に高圧維持水槽が開発されましたがやはり長期の飼育観察などが困難な状態は続いていました。

 

2000年代 ディープアクアリウムの開発

日本の海洋研究機構により深海魚の捕獲・高圧化での飼育が可能な装置「ディープアクアリウム」が開発されました。

 

深海にて深海魚を捕獲したのち、そこの水圧を保ったまま地上に運び、飼育を行うことができるのです。水の交換や餌をあげるときも減圧を起こさないででき、今後の深海魚研究のキーとして期待されています。

<スポンサーリンク>

関連ページ

深海の生態系を支えるのは?
深海と言うのは資源の生産がほとんど行われないのに、普通に生物が存在出来ている不思議な環境です。その環境を支えるのは一体何なのでしょうか。
深海生物の生命活動
深海と私たちの住む世界とではまるで環境が違います。彼らは私たちにとってとても活動不可能な場所でどのように生命活動を続けているのでしょうか。
深海の特徴
深海のことはまだ1%くらいしかわかっていないといいます。謎が多い深海の特徴や、構造について解説しています。
深海に太陽光は届くの?
深海といえば人間の眼では数m先も視認できないほど暗黒の世界が広がっています。そんな世界でどうやって深海魚達は行動しているのでしょうか。
深海における独立した食物連鎖の仕組み
深海の生態系は浅海の資源に大きく依存していることは前回お話しましたが、実はそうでない独立した生態系が存在することがわかっています。
深海に海流はあるの?
深海の海層と、浅海のそれとは違った特徴があります。「深海層」と呼ばれていてまた表層とは違った化学的・物理的特徴をもっています。
深海の水温と水圧
深海といえば超水圧!いったいどれくらいの水圧が深海にはかかっているのでしょうか。
深海探査の目的について
各国の深海探査が活発になり始めたのは1970年代頃からです。 深海における生物を探索するという目的もありますが、一番の目的としては水産資源や鉱物資源の発掘です。
深海生物(深海魚)の研究がしたい!
謎に溢れる深海とその過酷な環境に適応し生きる深海生物についての情報をひたすら発信しているサイトです。未知な部分が殆どである深海と深海魚にロマンを感じる方是非来てください。
深海魚(深海魚)の飼育に必要な機材
未知なる深海生物の飼育方法って凄い気になりますよね。水族館でも深海魚は普通に展示されていたりしますが、何か特殊な方法をとっているのでしょうか。