深海魚の生態/謎多き深海と深海生物の情報まとめサイト

リュウグウノツカイの生態

リュウグウノツカイは深海に生息する魚類の一種です。知名度は高いですが、その生態はどのようになっているのでしょうか。

 

シーラカンスの形態

とても巨大な深海魚として知られており全長3m〜11mの個体がこれまで発見されています。

 

姿は全身銀白色で、尾びれや頭部の突出した管状部分には発光機能があり、美しく明滅するようになっています。

 

その神秘的な姿から日本では「竜宮の使い」という和名で呼ばれるようになりました。

 

シーラカンスの分布・生態

生息域は広く、太平洋・インド洋・大西洋すべての海洋に分布しています。垂直分布としては中深層(200〜1000m)に多く、体を縦にして海中を漂うように移動しています。

 

陸地から離れた外洋に生息していることがほとんどですので、生きた状態で遊泳している様子をとらえた映像というのは非常に乏しいです。図鑑などでとても有名なのですが、詳しい生態はまだ謎に包まれています。

 

ただ食性に関しては胃の内容物からプランクトンなどを食べていると考えられています。

 

▼ごく稀に浅瀬で遭遇することもあります▼

<スポンサーリンク>

関連ページ

ダイオウイカ
ダイオウイカは深海生物の中では有名すぎるくらい有名な一種ですよね。今回はダイオウイカの生態について解説していきます。
ヒトガタ
謎が多すぎる深海ですから何がいてもおかしくないですが、さすがにこれは本当かよって思ってしまいますよね。
チョウチンアンコウ
深海魚のイメージキャラクター的なチョウチンアンコウですが、その生態は一体どんなものなのでしょうか。
デメニギス
デメニギスは主に太平洋北部の亜寒帯海域に生息する深海魚です。
シーラカンス
「生きた化石」といわれているシーラカンス。深海に生息し古生代からほとんど姿を変えない彼らはどのような歴史を歩み、そしてどういった生態をしているのでしょうか。