エイとサメの違い

エイとサメの違い

サメはクジラやイルカのような体をしていますが、魚類です。でも、他の魚に比べれば見た目が違います。サメは何の仲間なのでしょうか?

 

サメはエイの仲間と言えます

サメは軟骨魚網・板鰓亜綱に分類されます。ここに分類されるのはサメとエイなので、サメはエイの仲間と言えます。もとは一つのグループだったのですが、サメからエイが分化する形でサメ亜目とエイ亜目に分かれたようです。その歴史は意外に古く、4億年前にはすでにサメがいたと言われています。

 

どちらも軟骨魚類なので体の骨が軟骨でできています、そのため体が弱く、衝撃が内臓に伝わりやすい特徴を持ちます。さらに、これらの生物は浮き袋を持たないことでも知られています。その代わり肝臓が大きく、たっぷりの油が含まれることで浮き沈みができるのです。特にサメの油は肝油として利用されています。

 

サメとエイはこのように違います

サメとエイの違いと言えばその形です。サメは水の中をすいすいと泳ぐため紡錘形になっており、発達したひれでバランスを取っています。

 

対してエイは海底を好むため杼たべったい見た目をしています。中には、遊泳生活をする者もいますが、基本的には海底と同化し、ひっそりとエサを待ち構えています。

 

サメとエイの一番の違いはえらのある場所です。サメは体の横にあるのに対し、エイはお腹の面にあります。

 

 

ところが、サメの中にも底生生活を好む種類がいて、特にカスザメはエイなのかサメなのか分かりづらいです。ただ、サメと言えるのはしっぽが存在することから識別できます。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

サメの生態
あまりに有名だけど意外にその生態の知られない動物「サメ」。今回はサメの基本情報や意外な生態雑学を紹介します
哺乳類?魚類?サメは何類なのか?
魚というには大きめで肉厚なサメですが、サメは他の魚と同じ魚類なのでしょうか?それともクジラやイルカのように哺乳類なのでしょうか?
サメの呼吸方法
魚は泳がないと死ぬとよく言われますが静止しても活きられる種類はいます。同様にサメにも止まった状態で呼吸が可能なものもいるのです
サメの嗅覚ってどのくらいの距離の血のにおいをかぎ分けられるの?
サメは血のにおいをかぎつけて襲ってくるという話はよく聞きますよね。あれは映画の中だけの話ですが、サメの感覚器官は捨てたものじゃありません。
実は視力が良かった。サメの目に隠された能力とは?
遠くの血のにおいをかぎ分けると言われるサメは、その分視力が悪いと言われることもあります。実際のところ、サメの視力はどうなっているのでしょうか?
サメの最大全長はどのくらい?
人間にとっての恐怖の対象であるサメですが、最も大きいものはどのくらいあるのでしょうか?今回は世界有数の大きなサメの最大前兆を紹介します
サメの歯の種類と特徴
鋭くギザギザになった歯。サメに咬まれたら腕や足がちぎられてしまうのもうなずけます。しかし、貴方がイメージしている以外にもサメの歯にはバリエーションがあること、ご存知ですか?
サメの産卵と卵胎生
基本的には魚は卵生、哺乳類は胎生ですが、サメの一部には卵胎生というユニークな子供の産み方をする種類がいます
サメの背びれはどんな役割?
魚のひれは合ってもなくてもよさそうに見えますね。特に、サメのひれは他の魚以上によく発達しています。どんな役割があるのでしょうか
ゴルフ場にも出没!?サメって淡水に適応できるの?
普段は海に住んでいるサメですが、その一部は淡水域でも適応できるので川や湖でも見かけることがあります。時にはゴルフ場でも見かけるようです。
サメの赤ちゃんが共食いする?シロワニの奇妙な生存戦略
自然界では意外と珍しくない共食い、サメでも行われるのですが、一部は生まれてくる前に共食いをする習性があるのです。
サメの速度は速い?遅い?
ジョーズのようにゆっくり迫ってくるサメ、ディープブルーのようにびゅんびゅん動き回るサメ。フィクションではそれぞれ違う描写がなされていますが、実際のところサメはどのくらいの速度で泳ぐのでしょうか?
サメの骨格についての意外な特徴
あなたは、サメの骨格を見たことがありますか?あの怖い見た目と裏腹にその中身はむしろ貧弱、軟骨魚類という名前が既に弱そうです
ホオジロザメの生息地
サメ、怖いですよね。おそらくあなたのイメージにあるのはホホジロザメだと思います。ジョーズにも出てくるこのサメは日本にも生息しているようです
最強海獣シャチvs最強魚ホホジロザメ!比較してどっちが強い?
怖い魚の代名詞であるホホジロザメ、海のギャングという異名を持つシャチ。今回はこの二種類の生物を比較します。
深海に棲むサメの種類
サメのイメージや生息情報を見ると、海の中をすいすい泳いでいるイメージがあります。さらに、一部のサメは深海で暮らしています
危険なサメの種類
サメの性格は、見た目とは裏腹に穏やかで、しかも人間を好んで襲うことはありません。しかし、近づくと危険なサメはいるので気をつけましょう。
古代のサメはどんなサメ?
サメは古代からいた動物ですが、実はもともとは硬骨魚類だったものが生活に合わせて骨が柔らかくなった歴史を持ちます。実はそれ以外にも絶滅した興味深い鮫がいます。