サメが見られるおすすめの日本の水族館

サメが見られるおすすめの日本の水族館

サメは大きな体で迫力のある見た目をしていることから水族館でも大きく取り上げられることがあります。ここでは、水族館にいたら見ておきたいオススメのサメを紹介します。

 

ジンベイザメ

サメの中で最も大きな体を持つジンベイザメは水族館の目玉です。ジンベイザメのいる水族館と言えば八景島シーパラダイス、そして美ら海水族館でしょう。美ら海水族館には巨大なアクアルームがあって、魚たちの中でジンベイザメが泳いでいます。もちろん、彼らの身の安全も大丈夫。

 

ジンベイザメはのんびりした性格で、魚を食べないのです。エサは小さなプランクトンで、細かい歯で濾しとって食べています。アクアルームは天井まで展開しているので、下から魚たちを眺めることができます。他にはオニイトマキエイ(マンタ)も迫力があります。

 

ジンベイザメは食べる姿もド迫力。大量のアミエビを水と一緒に吸い込んでしまいます。これが観たい場合は15時か17時に足を運びましょう。

 

シロワニ

サメなのにワニという名前のついているシロワニは世界中に住んでいながらも数が減っています。見た目は少しいかついですが、性格は穏やかで人を襲うこともほぼありません。シロワニは姿の迫力だけでなく生態のユニークさもポイントです。なんと、シロワニは子宮で卵をふ化させた後、稚魚が共食いをするのです。

 

 

さらに、色々な種類のサメを見たいときはアクアワールド大洗がおすすめ。そこには46種類、大小さまざまなサメが泳いでいます。

 

<スポンサーリンク>

関連ページ

家庭でのサメの飼育方法は?注意することなど
サメを飼ってみたいという方は意外に多く、サメについて調べているとペットに適しているという説明も見かけます。とりあえずはこのような条件を満たすものがおすすめです。
ペットとして買えるサメの種類
サメにはほかの魚にはない魅力があるので、好んで飼う人もいます。ペットとしてサメを飼うならどんな種類がおすすめなのでしょうか?
サメの栄養は美容に効果あり?
見た目とは裏腹にあっさりした味わいでヘルシーなサメ。健康はもちろん、美容にも良い成分が入っています。
食用になるサメの種類
サメを食べると言うと、フカヒレをイメージしますが、ちゃんと肉も食べますし、地方によってはスーパーで購入することもできます。主に日本ではこんなサメが食用にされています。
食用サメの食べ方とは?
サメは他の魚より体が大きいので、見た感じ食べることはできそうです。でもスーパーで切身を見かけたとしてどうやって食べたらいいか、悩みませんか?
サメからアンモニア臭がする理由
サメを食べるのはちょっと...という人が気にするのは見た目の恐ろしさよりもアンモニア臭です。学校でも尿素が排泄されないと聞くサメですが、本当に臭くないのでしょうか?
サメの釣り方に王道なし!中には大型サメを一本釣りする人も!?
魚を釣っている時にたまにサメが引っ掛かることがあるようです。普段はアミで摂るサメですが、サメを釣る場合はどんなやり方が良いのでしょうか?
サメに遭遇した時の対処
もしサメに遭遇したら…ジョーズのような映画を見ていると不意にそんなことを考えます。船で遠出するときはもちろん、サメは海水浴場や川にも現れるので、その対処法は知っておくと役に立つでしょう
サメの弱点が鼻なワケ
サメを見つけた時はまず襲われないように逃げることが大切です。しかし、こちらに向かってきたときの対処法も知っておくに越したことはありません。サメは鼻が急所というのは本当でしょうか?
沖縄で遭遇しやすいサメ
日本でもサメが現れては話題になりますが、沖縄ではその頻度が少し高めです。といってもあくまで数年に1度程度ですが、どんなサメが目撃されるか知っておくのは良いことだと思います
海水浴場に現れやすいサメ
海の中を悠々と泳ぐサメですが、意外にもサメは浅瀬にやってきます。海水浴場でもサメの出没がニュースとなるので、皆さんも注意しましょう。