深海魚の生態/謎多き深海と深海生物の情報まとめサイト

深海魚が発光する意味

深海魚のほとんどは発光機能を備えています。でも一体何のために?と説明を求められたら中々一言では説明しづらく、彼らの発光には色々な意味合いがあります。

 

発光機能の主な用途とは?

 

捕食の為

まず第一は捕食の為、というのが多いですね。獲物を照らし捕えるために使われます。チョウチンアンコウがわかりやすい例でしょう。チョウチンアンコウは視界を照らすだけではなく、獲物を誘い出す為にも発光機能を使います。

 

コミュニケーションの為

集団で生活する魚のコミュニケーションにも使われます。ハダカイワシ類は頭部や尾っぽ部分に発光器を備えていてそれで簡易なコミュニケーションをとっているそうです。

 

防衛の為

一部の深海魚はなんと天敵を気絶させるほどの、強烈な閃光を放つといいます。またある深海魚はえらから発光する分泌液をだして、捕食者の囮とすることもあるそうです。

 

まるで手品!発光し雲隠れする「カウンターイルミネーション」とは?

中心層、漸深層の上層にはわずかながら太陽の光が差し込みます。その為その層にいる深海魚たちの姿は、日中に下から見上げるとシルエットが浮かぶ上がってしまいますよね。

 

これでは天敵に狙われてしまいます。

 

それを防ぐためにこの層にいる深海魚の多くが備えている機能が「カウンターイルミネーション」です。

 

腹部を発光させ、上から降り注ぐ光量と同レベルに調節する能力のことですね。これによりシルエットが消えてくれます。うまいことできてますよねえ・・・。

<スポンサーリンク>

関連ページ

種類
深海魚には底生性深海魚と遊泳性深海魚がいます。それぞれどのような特性を持った深海魚なのでしょうか。
進化
魚類が深海へと進出したのはいつなのか。深海魚の進化の過程というのは実はまだ謎が多いんです。
分布
海は広くとてつもなく深いです。今回はそんな海に生息する深海魚の分布についてのお話です。
骨格や筋肉
深海とう過酷な環境にすむ深海魚達。とくに遊泳性深海魚に関しては超高水圧下でどうやって浮いたり泳いだりしているのか気になりますよね。
消化器官
浅海や陸上のようにあ栄養源溢れる食べ物が豊富にない深海では、深海魚は独自のエネルギー貯蓄機能を備えなければなりません。
繁殖
深海魚という謎だらけの生物は一体どのようにして生まれるのでしょうか。今回は深海魚と繁殖についてのお話です。
食性・食べ物
深海魚が何を食べて生きているのか。今回は深海魚および深海生物の食性についてのお話です。
狩り
深海魚でも魚食性のものは獲物を捕えなければなりません。すなわち狩りですね。同じ狩りでもやり方は様々なようです。
眼球
深海というのは推進が2000m以深となると太陽の光が全く届かない暗黒の世界となっています。そんな世界で行動する為に彼らの眼球はどう適応しているのでしょうか。
深海魚が発光する原理
深海魚といえばなんか光る、というイメージが強いですよね。それがまた未知の生物というイメージをいっそう強くしていると思います。今回は深海魚が発光するメカニズムについてのお話です。
食用の深海魚一覧
深海魚も食用にされるものって多いんですよ。私たちの生活圏からはるかに離れたところに暮らしてるので想像し難いかもしれませんが。